記事一覧
求人一覧

医療の担い手としての薬剤師



就職するにあたって、いろいろな可能性が考えられると思います。例えば、医療と言われたらあなたは何を想像するでしょうか。医師、看護師、レントゲン技師・・・色いろんなものを想像すると思いますが、わたしが最初に思いつくのは「薬剤師」です。

薬剤師というのは、薬を組み合わせて、患者にあった薬を調薬し、投与することをする人です。薬剤師といえばすごく頭がよくないとできない仕事だと認識しています。

就職するために大学に行くにしても大概、薬剤師に行かなければならない学科は、大変偏差値が高く、頭のいい人でないとそこには行けないという認識があります。確かに、薬剤師というのは、人の体に関係しますし、もちろん人の命にもかかってきます。それを保証するにはやはり頭がよいか、それともたくさん勉強しなければならないのです。しかし薬剤師に就職するという夢を追っている人は意外と少なくはありません。それはなぜなのでしょうか。わたしの周りにもたくさんの人が目指していました。

薬剤師の転職で理想の働き方をさがす



理想の働き方のできる薬剤師の転職に、インターネットの便利なサービスを利用するとよいです。インターネットには、薬剤師の転職をサポートしてくれる便利なサービスがあります。

求人サイトや転職サイト、転職支援サイトなど、薬剤師という職業に絞って紹介しているサイトであれば、便利に使うことができます。豊富な求人の中から希望に合う職場を紹介してもらい、サポートを上手に活用して理想の働き方のできる職場を手に入れるとよいです。

インターネットのサイトを利用するのなら、都合に合った求人を紹介してくれる評判のよいサイトを利用するほうがよいです。勤務を希望するエリアでの求人に強い、サポートのしっかりしたサイトを味方につけて理想の働き方のできる職場を手に入れるとよいです。サイトによりサポートの体制は違いますが、求人の紹介以外に職場の環境を詳しく説明して貰えたり、面接の指導をしてくれたり、待遇や給与の交渉をして貰えたりします。

薬剤師が転職を考えたら専門サイトを利用しよう



薬剤師の平均年収はおよそ500万円と言われています。時給換算にして2000円程度、いまのあなたとくらべどうでしょうか。もちろん職場によってはこれより低い、高いといったことがあるはずです。

あなたがこれから転職を考えているなら、より有利に転職活動をすすめられるように予備知識を入れておきましょう。まず、薬剤師が転職する場合には、自分の譲れない点はどこなのかということをしっかりと明らかにしておく必要があります。

収入アップを目指したい、もっと休暇のある職場に行きたい、安定した収入かつ休暇が多い職場がいい、短時間でも高時給の仕事を探したいなどなど、人によって様々あることでしょう。

自分の希望を明確にし、その条件をクリアした職場探しをすれば、転職が失敗するということはないでしょう。新しい職場を探す場合には薬剤師専門の転職サイトを利用すると時間を無駄にすることなく新しい職場を見つけることができるはずです。キャリアを生かし、希望の職場へと転職しましょう。

【参考サイト】薬剤師求人ファーマシストスクエア>>薬剤師転職の求人


北九州市小倉南区【城野駅】【常勤薬剤師/求人】駅チカ♪大型商業施設の調剤併設店です◎調剤業務にしっかり集中して頂ける環境☆



調剤業務、薬歴管理、服薬指導、他調剤薬局の一連の業務

【応需科目】一般内科・循環器内科・呼吸器内科・皮膚科・眼科
 小児科・精神科
(面分業)
【1日平均処方箋枚数】20~30枚
●電子薬歴
●レセコン入力あり


オススメポイント

大規模小売店に併設されている調剤薬局です。
OTC販売は別の担当者がおりますので、調剤・監査・投薬など処方箋調剤に集中して頂き、患者様の健康を守ってください。

-薬剤師男塾-

2013-10-27 09:06